« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

ネモはガンキャノンの夢を見るか?

年末年始にMSV本を読了した。(記事書くの遅っ!!)
割と大きい版でデザイン画が載ってたので、今更ながらに発見がある本だった。
ZMSVの頃とかの裏話も豊富でなかなか読み応えがありました。

ZMSVといえば、色々解説が迷走していたガンキャノン・ディテクターとメタス改(笑)
一応、初出に準じた解説だったw

そんな年末、最近ガンキャノン・ディテクターに黒い噂があると聞きました。
「ガンキャノン・ディテクターの上半身ってネモ系だよね?」

脚部の変形システムがメタスの転用というのは有名なお話ですが、上半身について記憶の限りでは、多分それを明記する文献は存在していないと思います。

グーグル先生曰く

60mm頭部バルカン砲 頭部に2門内蔵。連邦計msの標準武装で、近接戦闘時に充分な威力を発揮する。
ガンキャノン・ディテクターの物はネモなどに採用されている物と同じ標準的なシステムだと言われている。

出典はRE 1/100か?

それをもってネモ系の上半身と言うには、根拠が無さすぎる。
一体その噂はどこから来たのか?

自分のブログを遡ると、2つヒットした(笑)
一応、ネモ系列と関係があるような記述が存在する。

http://toppa.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-b197.html

http://toppa.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-1d97.html

しかし、多分発端はコレだろう。

近藤和久著「ジオンの再興」のモブ偵察型MS。
Img_0202

脚部とかは見切れて確認できないが、索敵オプションを装備している以外は上半身はガンキャノン・ディテクターに酷似している。
昔の某同人誌メタス系考察では、この機体を”ガンキャノン・ディテクター”系の偵察型と分類していた。

しかし、この「ジオンの再興」と同時期の近藤MSの世界観を原作としたPC-98ゲーム「アドバンスド・オペレーション」において、”早期偵察型ネモ”いう機体が登場する。
外観は、キャノンを外して索敵装置を装備したガンキャノン・ディテクター系上半身がネモ系の下半身に載っているといった感じで、同じ世界観を原作としている以上、「ジオンの再興」の登場機体も同系である可能性が高い。
最近の某同人誌ネモ系考察では、上記の機体を”早期偵察型ネモ”と分類している。

Ewac003

関連記事あったわw

http://toppa.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-3306.html

元々ZMSVの機体は複数のエゥーゴ系MSとのキメラ的デザインが多く、ネモ系似のガンキャノン・ディテクターの上半身の他のにも、ディアス系似のネモIII脚部とか、どちらかというとガンキャノン・ディテクターの脚部の転用元にも見えるメタス改とか、例には事欠かない。
「マスターアーカイブ」系解説では、エゥーゴ系MSのフレーム設計は”ジーフス”「中間部分を入れ替えることで大型MSから小型MSまで対応可能な骨格構造」が採用されていたとされ、これらのキメラ的デザインも複数のMSをジーフスで組み合わせたと考えれば納得がいく。

近藤先生に聞かない限り、謎の偵察型MSの正体はわからないし、藤田氏の聞かない限りガンキャノン・ディテクターの上半身にネモが関係しているかどうかもわからない。
もちろんそれを明記する記述も記憶はないが、

  1. 早期偵察型ネモの上半身は、ガンキャノン・ディテクターの上半身に酷似している。
  2. ガンキャノン・ディテクターは脚部の変形システムはメタス転用だが、上半身は明言されていない。
  3. よって、早期偵察型ネモの上半身を転用した可能性がある。

といった3段論法的にファミリーソフト系列でそれっぽい記述が書かれ、
「ガンキャノン・ディテクターの上半身ってネモ系だよね?」といった黒い噂が立ったのではなかろうか?(笑)

 

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

ガンダム神話の愚作機

ええっ~! よりにもよって、 ガンダムファンクラブ初回入会特典の先着順の入手困難なキット に謎解説かよ~!

20200324132525d2c

ここの通行税は高いぜ・・・

 Shit!! 

メモメモ

 

νガンダムのファーストロットとは、サイコ・フレーム搭載以前の、設計本来の仕様による運用テストが行われた機体で、その完成度の高さに関係者は衝撃を与えられたのだといいます。

 

でも、いずれプレバンあたりで、MGとかRGのカラバリ出されそうな悪寒しかしないなぁ(苦笑)

うん、これ系の愚作機だよねw

Y90a

関連記事

http://toppa.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/yrx-90a-440c.html

 

 

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

リクエストAYOWネタ

エロい人が教えるよw

ファミソフAYOWは、戦闘グラと艦船名が表示されない仕様なので、ユニットアイコンしか存在せず、艦船名はキャンペーンMAPのテキストファイルのみで確認できます。

Photo_20200517162201

・チベ級 ユド・グラシル
・ムサイ級 ヴァメル

などは、主人公たちの母艦だったりします。

しかし、テキストファイルでぶっこ抜けないイベントシーンでしれっと口走る謎艦名w

1434765893_192

ロゥメル ・・・だと?

MAP状況から

・ア・バオア・クー防衛戦に参加
・ドロス級「ドロワ」やチベ級「ユド・グラシル」らと共にSフィールドを守備
・艦名からムサイ級であると思われるが、チベ級である可能性もある

このゲーム、最終面近くしかデータが残ってないので、死ぬまでに一度やり直したいですね。
でも難易度はファミソフ3連作のなかで、一番高いですorz

| | コメント (2)

2020年5月14日 (木)

サザビーもどき

池っち店長の逆ギガ解説動画
 

「サザビーもどきみたいなやつ」

言っちゃったよw 註:スザクのことです(笑)

009m
 
まぁ、そんなことを言っていた時期が私にもありました(笑)
最近はサザビー原型機も増え、バルギルとかAOZリブートの謎ゲルググとか妄想でご飯が10杯はいける今日この頃w

 

| | コメント (1)

2020年5月 4日 (月)

ドライセン ミンドラ所属機

ガンちゃんでGWゴールドMS特集やってると思ったら、百式主役回だったw

 

 

ZZ地上編は神回が多いが、この回は今だ謎の多いドライセン生態観察には重要な回。
バウ用ビームライフル装備回として有名だが、貴重な足の裏とかもチラ見可能。

Drsg
(UC用設定は、実は袖付きオリジナルの空間戦闘特化仕様)

地味なカラバリ(赤肘のザク・マリナーとか、ザク・マリナー色のディザートザクとか)が散見するZZ本編ですが、この回にも赤色警戒色を排し、本体塗装と同色としたドライセンが確認できます。
 
Drsb
(まぁ色ミスなんだろうけどw)

袖付きは最近白いのが増えたな~
黒いのを貼っておきますw
934344126_22

ドライセン ケルベロス ナイトシェイド隊フラッグ機

この機体は、バックパックがトライブレード装備の通常仕様で”ビーム・バズーカ”が運用できる稀有な機体。
ただ、プロト機バックパック仕様の”メガ・バズーカ”と同様な装備かどうかは疑問が残る。出力は低い可能性もある。
シュツルム・ファウストはトライブレード用マウントにでも懸架しているんだろうか?

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

同時地デジテロ

殺ナンの影響でアニメ等制作延期が多く、世間は休業多いくせに自分は忙しいので、なけなしの連休で観てない地デジ録画消化でもしようとした矢先に、地デジチューナーとアナログTVが【同時に】ぶっ壊れた(おい)。

アナログTVは、まぁしょうがない(苦笑)。
地デジチューナーも悪名高いメルコの製品で壊れるって分かっていたから、壊れる前に代替品に交換予定だった矢先に逝ってしまった・・・orz
バラして故障個所は特定できたんだが、半田テクがないんで無理っぽいなぁ・・・

http://masaland.cocolog-nifty.com/blog/2015/11/post-1203.html

問題は、この地デジチューナー、撮りためたデータがこの個体でしか再生できないこと。
地デジ移行してから残してあったHDDがすべて【シュレーディンガーの猫】状態にw

メルコ本体はサポート切れで修理してくんない(サポート中でもしなかったらしいがw )ので、どこか格安で基板修理してくれるところないもんかな。

とりあえず、代替同型機のチューナーをパソモニターにつないで急場をしのごう。
まぁどうしても欲しいものはソフト買うし、最近はほぼ配信のほうで観れるんで、データは”観測しないまま”にしておいてもいいかなぁと。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »