2005.1.6 MSR-100 百式改原型機(百式量産検討機)

GFF史上、最もプレイバリューが高い百式!
ついに3機目に(爆)

1機目は素直にFA百式改(でもHJ誌掲載同様にガトリングガン付けてる)。
2機目は先日の百式改初期量産型。
で、3機目はこんな感じにしてみた。

百式改の型番は【MSR-100S】説、【MSR-100】説、【MSN-100S】説がありますが、先日の日記ネタ
百式改量産型の画稿が初出の『Bクラブ22号』には
”【MSR-100S】の試作機をベースに量産型の開発に成功している。”
とあり、共に【MSR-100S】であることが判ります。
百式改には【MSR-100】説(Gジェネ系、EB・MS開発競争編)とか【MSN-100S】説(ゲームブック・シャアの帰還)とかもありますけどね。
で決着が付いたと思っていましたが....
GFF箱説を見ると
【MSR-00100 百式改】
となっておりました(唖然)。

私としては初出に基づき、百式改は量産型百式改と共に【MSR-100S】であると考えていますが、百式改にはこういう記述もあります。

■ファミリーソフト 機動戦士ガンダム デザートオペレーション 追加シナリオ集Vol.1 ”BEAT OF Z”
MSR-100S 百式改
「相次ぐ敵の大型TMAの開発で、火力に圧倒的な開きがでてきた。そのため急遽従来の開発中のMSの武装を強化させた。本機もその計画のうちのひとつである。MSN-100の量産型として開発していた本機は、より攻撃型になり武装の搭載量もMSN-100より格段に多くなっている。メガバズーカランチャーも同様に使用可能となっている。」

『従来の開発中のMS』『MSN-100の量産型』と言うのがポイント。
実は、コレこそが【MSR-100】だったのではなかろうか?
MSN-100の量産型として開発中だったMS【MSR-100】の武装を急遽強化した仕様が【MSR-100S 百式改】
...だったとするなら上手くまとまる気がします。

Dsc00095 というわけで、GFF百式を使って妄想錬成してみました。
武装強化前の百式量産検討案ということで、百式の高機動型仕様っぽくまとめてみました。
この後、武装強化ということで『肩ウェポンマウント』と『頭部パルスレーザー』が増設されるのです。

当初、足首も百式改のパーツにしていましたが、どうにも似合わないのでノーマル百式仕様に戻しました(苦笑)。