2003.6.30 「グルグル」誌上RPG『チャパンニャ王国の秘宝』秘話 

「グルグル」誌上RPG『チャパンニャ王国の秘宝』秘話

註:誌上RPG『チャパンニャ王国の秘宝』とは?
 衛藤ヒロユキ公認ファンクラブ会報 『HIROHIRO』の37~39号に掲載された読者参加型誌上RPG。形式はハガキ参加RPG。マイキャラが『魔法陣グルグル』の世界の中で活躍できるという大変おもしろい企画でした。
 この時の私のキャラ【リーゲン・ダッツ】は、テーブルトークRPG『ロードス島RPG』でのマイキャラをそのままコンバートしてキャラ作成した経緯を持っています。
 普段、テーブルトークRPGではダイス運が悪いのに、どういうわけか最後まで勝ち残ってしまいました(苦笑)。当時の会報をお持ちの方は「こんなヤツが最期まで勝ち残ったのか」と見比べてみるのも一興です。
 プレイヤー: 会員No.635 スライムふくちゃん(1999年当時)
   
Dsc02578【名前】 
 リーゲン・ダッツ
【職業】 
 僧侶(神官戦士)
【性別】 
 男 23才
【説明】 
 プラトー教神官戦士団・ルナー親衛隊員。
  「姫~っ!!」と叫びながら、家出ルナーを探して世界中を旅している。
【性格】 
 苦労性。お人好しでトラブルに巻き込まれやすいので、ルナー探索がちっとも進まない(笑)。親切ないい人だが天然ボケ。
【主な攻撃方法(必殺技)】
 気絶打撃(持っているモールでなぐって気絶させる)
 「必殺 ホーリープラトークラッシュ」(モールで全力打撃)
【防御】
 持っているモールで受ける&プレートメイルで防御
【決めゼリフ】
 「すいません、いたかったですか?」
【能力値(初期能力値:合計70)】
 HP14 攻撃力13 防御力15 すばやさ4 知力5 魅力7 さっぱり12

<第1回>
【あらすじ】
 家出ルナーを探し、旅を続けるリーゲンは相変わらずのお人好しで、チャパンニャ王国の危機を見過ごせず、奪還作戦(註1)に参加してしまいましました。
 途中(註2)、同じプラトーの信者の仲間と楽しく語り合うことが出来たり(註3)、突如襲いかかって来たクロコ達をモールで殴って気絶させて無事クリアしたりしましたが、最大の難関は、落とし穴エリアに迷い込んでしまったことでした。
 すばやさにも知力にもさっぱり自信のないリーゲンでしたが、僧侶の職業ボーナスが付いたこともあって、何とか無事に通過できました。これもひとえにプラトー様のご加護のたまものでしょう。
 明日はいよいよツートン山です。
(註1)
 ツートン山の魔物に奪われた国宝「魔石チャパンニャの爪」を取り戻せというチャパンニャ王国による依頼。この依頼の時、集まったお城の大広間で【ククリ】らしき人物が寝ぼけて杖を倒したようである(笑)。
(註2)
 ツートン山へ至る道には大森林があり、ここではプレイヤーごとにいろいろな難関があったようだ。なお途中で、三つ編みの娘を乗せた不思議な円盤がツートン山の方へ飛んでいくのを目撃した証言もある。どうやら、【ククリ】らしき人物は【ヨンヨン】らしき幻獣に乗って難関をクリアしたようだ。
(註3)
この時リーゲンは、同行していた同じプラトーの信者の遊び人ノコと商人ルチルに「私は家出しているルナー様を捜している途中に、この事件を知ったのですが、どうにも放っておけないたちなもので・・・」と告白している。ダメじゃん!そんな秘密バラしたら(苦笑)。まあ、お人好しのリーゲンらしいエピソードではあります。
【獲得経験値】 
 3
【レベルアップ】 
 攻撃力+1 知力+1 さっぱり+1

<第2回>
【第2回終了時の能力値】
 HP14 攻撃力14 防御力15 すばやさ4 知力6 魅力7 さっぱり13
【あらすじ】
 いよいよ今日は砦目指して山登りです。分かれ道(註4)では魔物が待ちかまえていそうな右の道をあえて選んだリーゲンですが、予想通り、タテジワ率いる幻獣チュープーが襲撃してきました!さっぱり値が高いおかげで向かってきたのは子チュープー1匹、親チュープー1匹と少なかったのですが、動きの遅いリーゲンは苦戦を強いられているようです。
 子チュープーが背中にくっついたまま強引に進んだため、親チュープーにもひっつかれてしましそうでしたが、幸運にも不思議な魔法使いの少女(註5)に救われ、難局を乗り切ることが出来ました。
 遅くはなりましたが、無事砦前の茂みに到着したリーゲンは、呼吸を落ちつけて、じっと体力の回復を待ちます。さぁ、いよいよ突入です!
(註4)
 魔物が潜む砦に至る道は、「登山初心者ルート」と「登山上級者ルート」の2つルートがあった。「初心者ルート」はなだらかな山道だが時々魔物が待ちかまえており、「上級者ルート」は魔物も近づかないガケや岩場のハードな道であった。
(註5)
 「トカゲのしっぽ!」とのかけ声とともに、突然やぶから火炎系の魔法を放ち、親チュープーを攻撃した「まだ幼さの残るようなおさげ髪の女の子」を目撃したという証言がある。
 その後、「おーい、ククリ!ギップルがこっちにけもの道があるってさ」「はーい、勇者様」の会話の後、後ろから来た連れらしい男の子と風の精霊と共に、またやぶのなかに入っていったようだ。どうやら【ククリ&ニケ+ギップル】のようである。
【獲得経験値】
 3
【レベルアップ】
 すばやさ+3

<最終回>
【最終能力値】
 HP14 攻撃力14 防御力15 すばやさ7 知力6 魅力7 さっぱり13
【あらすじ】
 オトリ覚悟で正門を選んだ(註6)リーゲンは、堂々と入り口から入って行きました。
 幻獣バルクの大暴走(註7)の中にあっても、割りと落ち着いたリーゲンは、自分のすばやさではバルクをよけることは不可能と判断し、突進されるのを覚悟で無理矢理通過して、扉へとたどり着きました。どうにか1つ扉をくぐる事ができましたが、そこは行き止まりで、しかたなくまた広間に戻るしかありません。しかし、運良く2度目の扉で正解だったらしく、先へ続く通路にたどり着くことが出来ました。「ジュジュ様!今参ります!」
 勘違い(註8)とはいえ、執念の力は強かったようです。
 同じく通過できたらしい盗賊のリシスと合流すると、迷路状の通路を儀式の間(註9)目指して下っていくのでした。
(註6)
 砦の突入ルートは「見張りのいる正門」、「カギがかかっている裏口」、「箱がいっぱい積んである物資搬入口」があり、それぞれ難関があったようだ。なお、【ククリ&ニケ】が砦にたどり着いたかは不明
(註7)
 正門内の広間に待ちかまえていた幻獣バルクが、突入した踊り子ライシャの「必殺誘惑の舞」の効果でグルグル回り始め、「爆走大盆踊り大会」状態になってしまった。
(註8)
 この時点で、リーゲンは「ジュジュが儀式(註9)の生け贄としてさらわれている」と勘違いしていたようだ(苦笑)。
(註9)
 「魔石チャパンニャの爪」の魔力を制御する儀式が、砦のボス「魔法使いデルブ」によっておこなわれていた。71名の作戦参加者のうち、最終的に儀式の間にたどり着いたのは6名、ボス戦にて3名がダウン。最後にボスにとどめの一撃を入れたのはリーゲンだったと言われている。
 なお、ラストバトルを勝ち抜いた作戦参加者は、盗賊(女、12才)【リシス・ミーレディア】、魔技師(男、22才)【ゴコロ・ヤナギ】、そして僧侶(男、23才)【リーゲン・ダッツ】と伝えられている。
 その後、報酬として「いくつかの有力な家出ルナー目撃情報」を教えてもらったリーゲンが、ルナー【ジュジュ】を探し出せたかは定かでない(笑)。