2005.1.3 長谷川先生直撃インタビュゥ~  

【MSZ-009M MZ】の謎

きっかけは某S氏からのツッコミである。
S氏:「何故、皆はMZを”メガゼータ”って呼称するんだろうか? 文献では”メカゼータ”なのに...」
突破:「なんですと~!?」

単行本2冊を確認...確かに”メカゼータ”としか書いてない(汗)
ガンダム読本『ガンダムエイジ』には”メガゼータ”という記述があるとはいえ、私もHJ本誌及びガンポンで”メガゼータ”と言い切っちゃってるんで責任重大である。

そこで、冬コミの【スタジオ秘密基地】にて『逆襲のギガンティス&Vガンダム外伝』の生みの親である”長谷川裕一”先生に【MSZ-006M MZ】について直撃インタビューをしてきましたんでご報告。
以下記憶モードなんで、だいたいこんな感じだったということでご了承下さい。

突破:「”メガゼータ”のことなんですが、単行本2冊とサイバー本誌のどれも”メカゼータ”としか書いてないんですが、あれは誤植で長谷川先生的には”メガゼータ”なんですよね?」
先生:「えっ!そうなの?気が付かなかったなぁ(笑)。メガゼータで間違いないですよ。ちなみに、メガゼータの”MZ”は”ダブルゼータ”をひっくり返したもの(註:”W(ダブル)→M(メガ)”)が元になってます。」
突破:「良かった~(笑)。そういえば、ダブルゼータと言えば、『ガンダムイボルブ10』で「U.C.0090時の木星圏」に出現しちゃいましたけど、『Vガンダム外伝』の【ガンプ】の原型機って長谷川先生的にはメガゼータなんですよねぇ?脚とか原型留めてますし...」
先生:「ええっ!そうなの?当時、ZZは壊れてしまったと言われていたんで、そう考えて描いています。そりゃ困ったなぁ...オラ知~らねぇ~っと(笑)」
突破:「マスターグレードのダブルゼータの解説書に”レストアされたダブルゼータがジュピトリスIIに搬入された”説があるんで、まあ問題ないとは思うんですけどね...。でもガンプの頭部の中身ってダブルゼータっぽいですよね?」
先生:「ああ、ガンプの頭部の中身は”ハイメガ砲付きのプロトタイプ・ダブルゼータ(註:B型)”の頭部が元になっていますよ。」
突破:「なるほど~!今回は色々とご質問に答えていただいてありがとうございました。」
先生:「『クロスボーン外伝 スカル・ハート』の単行本も出るんでよろしく~(宣伝)」

Mz_u..と、こんな感じでした。
これで、安心して年が越せました(笑)

画像はメガゼータの俯瞰ショット(製作当時)。
最近、やっと編集部から(ボロボロの)メガゼータ作例が帰ってきました....長かった。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005.1.3 長谷川先生直撃インタビュゥ~  :